2015年 9月 の投稿一覧

8.サンマーメン発祥の店!「玉泉亭」~(伊勢佐木町)~

横浜の名物の一つで“サンマーメン”というものがあります。

11880632_834231316691362_5162370936456905274_n

サンマーメンとはなんぞや?
元々は、料理人の賄い料理。新鮮な野菜や肉の食感を活かし、とろみをつけて麺の上に載せたものがサンマーメンです。
せっかく食べに行くなら、発祥のお店「玉泉亭」へ!

kisai_jpeg 20150722

11825652_834231370024690_5487142094547474010_n

11825092_834231336691360_8672922390751202919_n

さっぱりとした醤油スープに中華麺(しかもかなりの細麺)、甘みと出汁が効いたやさしい味付けをしたあんかけが美味しい。
サンマーメンを食べられるお店は横浜には沢山ありますので、自分好みのお店を見つけてみてはいかがですか!

玉泉亭(伊勢佐木 長者町)

7.溶岩石プレートで焼く、ふわとろハンバーガー!

まずは、見てもらえますでしょうか。
このふっくら感を。

溶岩石焼き ハンバーグ

溶岩石プレートで焼くと、ハンバーグの具材がふわっと仕上がり、硬くならないのです。
遠赤外線で芯まで火が入るのですが、しっかり焼いても硬くならないのが、溶岩石で焼いた場合のメリットの1つなのです。
それを贅沢にハンバーガーにして食べる…至福の時です!
バンズを溶岩石で焼きます。

溶岩石焼き バンズ

パテとタマネギも焼きます。

溶岩石やき ハンバーグ 玉ねぎ 2

最後にパテが焼きあがる前にチーズをのせて

溶岩石焼き ハンバーグチーズ

それらをバンズで重ね、シンプルにケチャップで味付け。

ハンバーグ完成

高さ10センチ以上のハンバーガーを押し潰してかぶりつく。
もちろん口の周りはケチャップでベトベトですが、気にならない(笑)。
これこそが、ハンバーガーの醍醐味ですね!
溶岩とハンバーグの相性はばっちりです。
ぜひお試しください!

6.美味しいベーグル見つけました! MARUICHI BAGEL~(白金高輪)~

妻の友人から、彼女史上最高に美味しいベーグル屋さんがあると聞き、近くに行く用事があったので、白金高輪へ。
お店の外観は、看板も無く、ガラス窓に小さく店名の「maruichi BAGEL」と書いてあるだけ。
できるだけ目立たないような店構えで、うっかり通り過ぎそうに。
そしてこのお店は、電話番号も非公表になっているのです。
ミステリアスで期待度上がります!
中に入るとほんのり甘い匂い。
入って右側には、ガラスのショーケースにベーグル用トッピングのタマゴやシーチキン、サンドイッチなどが魅力的に陳列されていました。

maruichi BAGEL 1

正面には、ベーグルがいくつか並んでいます。

maruichi BAGEL

今回、購入したのは、写真左上から時計回りにシナモンレーズン、セブングレインハニー、ホールウィート(全粒粉)、ブルーベリーです。
夕方5時過ぎと遅い時間でしたが、ラッキーなことに焼きたてを購入できました。
受け取ってビックリ!
予想していたものとは違って、ずっしりくる重さ。
そして口に入れた瞬間、もちもちっとしたベーグル特有の食感がたまらない。
これは美味しい!
おすすめです。

MARUICHI BAGEL(白金高輪)

5.外国人にも愛される隠れた名店「いの瀬」~(東五反田)~

お店に入るとそこは、海外に来たのかと思うぐらい外国人の方で一杯。
暖簾をくぐって現れるお客さんが外国人の方ばかりです。
それもそのはず!
品川区のトリップアドバイザーで1位になったことがあるからです。
笑顔の素敵な大将とチャキチャキ女将がもてなしてくれる絶品寿司店です。魚は、朝早く大将が自ら築地で仕入れてきます。
知り合いからの紹介ということもあり、料理はお任せで頼むことに。

いの瀬
最初は、刺身盛り合わせから。

いの瀬東五反田6.jpg
見てください!この美しい盛り合わせ。
その中でも衝撃を受けたのが、絶品のしめ鯖!
普通のしめ鯖だと、酢が効いていて生の感じがしないのがほとんど。
ここのは、酢でしめている感じがしないのです。
生の刺身? でもかすかにしめている感じはするぞ。
季節にもよりますが、脂がのったサバをいの瀬流の絶妙なしめ具合でいただく味は、今迄に味わったことのない美味しさ、記憶に残る味です。
食べ終わると次は握りへ。

いの瀬2.jpg

いの瀬3.jpg

しめ鯖.jpg

赤貝.jpg

マグロ

炙り寿司

いの瀬4.jpg

握りも白身から青魚、赤身と貝類に炙りとどれも美味しい。
いくらに至っては、こぼれ落ちるほど。

いの瀬5.jpg

アナゴは口の中に入れると、ほろっと、とろける。

いの瀬1.jpg

途中、お客さんの要望で大将のきゅうりカットパフォーマンスもあり。
女将さんは、マシンガンのように英単語を羅列して説明。
でも、しまいには、日本語で話しはじめてしまっているぞ!女将さん(笑)
皆さんお店に入る時には“ただいま”、帰る時は、“また来るね”と声をかけるのも、自分の家のようなアットホームなこのお店ならでは。
サービス旺盛なお二人が心からの“おもてなし“の精神で接しているから、外国の方にも愛されるのだと思いました。

いの瀬東五反田4.jpg

そうそう先日、なんと、トリップアドバイザーでCertificate of Excellence (エクセレンス認証)も受賞しました。

*:Certificate of Excellence (エクセレンス認証)とは、旅行者に最高の旅行を提供した宿泊施設、観光名所、およびレストランに授与されるものです。
この受賞は非常に嬉しいです!
是非このお店へと行った際は、味だけでなく大将・女将さんのおもてなしも、存分に味わってみてください!!!