2016年 5月 の投稿一覧

31.BBQ✖溶岩石プレート!

そろそろ暖かくなってきたのでやる?と友人からのお誘い。
もちろん二つ返事でOK。
BBQをやることになりました。
まだ食べたことがない人用に、赤身と少し脂がのったローストビーフを朝から焼くことに。

13324113_993865840727908_2141152024_o
13342252_993865844061241_145391576_n
13293246_993356917445467_1114218319_n
13336321_993356920778800_1366588242_n
そしていざBBQ会場へ!
到着したときには、友人が新鮮な鯵が手に入ったと言うことで、捌きはじめてました。

13334764_993358320778660_33205023_o
13335357_993356937445465_79424859_n
13318751_993356934112132_1559622205_n
先ずは、えのきと長ネギを焼くことに。

13334856_993356890778803_23946692_o
溶岩石プレートで野菜を焼くときに、 おすすめの方法をよく聞かれます。
非常に簡単です。
塩、胡椒をかけず、そのままで焼きます。
野菜本来の旨味を引き出して焼くので、 調味料はここでは不要です。
次は、お肉です。
13295379_993356844112141_1452482614_n
13342091_993863634061462_864298950_n
13313859_993356877445471_1603269532_o
13324078_993356850778807_661217940_o
13313452_993356887445470_1316768812_o
お肉は、味付けをしないでプレート上で焼き、 食べる際に、タレにつけて食べることをおすすめします。
みすじ、ステーキ、ハラミカルビ、牛タン等これでもか! と焼き続けました。

13334412_993356900778802_1139545579_o
途中、口直しの本ししゃも焼いて大満足。
炭の火加減さえ気を付ければ、何も難しいことなく調理可能です。

いよいよアウトドアシーズン本番! プレートで、ワンランク上のBBQはいかがですか!!

 

30.スープカレー「横浜カリー アルペンジロー」

最近、足が遠のいてしまったお店に久々に行くことに!
横浜の阪東橋駅近くに山小屋風のカレーならぬ”カリー”のお店があります。 1985年創業、スープカレーが流行る前からあるお店です。
その名は「横浜カリー アルペンジロー」。

13233242_985380464909779_1000950985_n
13220074_985380468243112_841282318_n
店内に入ると、ロッジを彷彿とさせるような雰囲気。
目に入るのは、ガラスで囲まれた大きなオープンキッチン。
奥には、テーブル席があり、そちらに座ることに。 メニューは、季節の野菜、若鶏、横浜豚、和牛ステーキ、海鮮、和牛ヒレカレー等、カレーとしては、少し高めの値段設定。
その中から、まだ食べたことがなかった横浜豚カレーを選ぶことに。
辛さは、山に例えて。
野毛山→富士山→キリマンジャロ→アイガー→エベレスト→天国と6段階。 悩んだ結果、富士山にしました。
サラダセットも注文。
先にサラダセットのスープとサラダが運ばれてきました。
このスープが面白い。

13249476_985387308242428_700324805_n
和風?洋風? バターを感じる味噌ラーメンのようなスープ。
これはアリです! そしてサラダも野菜の旨味甘味がしっかり味わえました。 メインのカリーですが、ごはんは飯盒に入って出てきます。

13235786_985380498243109_964774924_n

正にお店の雰囲気にぴったり。
しゃかしゃか振って、お皿にあけ、いざ実食!!

13235015_985387318242427_1449352388_o
最初の口当たりは甘く、少し苦味も感じますが、後から香辛料が効いてくる感じ。
一杯、二杯と食べ続けるにつれて、癖になる味。
あっという間に間食。 頭の片隅にあった懐かしい記憶が、このうまさでしっかりと甦りました。
久しぶりにやられた感じです。
横浜に来る機会があれば、このカリーを味わってみてはいかがですか?

「横浜カリー ALPIN JIRO(アルペンジロー)」

 

 

29.遂に夢のコラボが実現しました!

いつもお世話になっているお寿司屋

「寿司料理 いの瀬」さんにて、 以前から密かにお願いしたいと思っていた、 ”いの瀬さんと喜才のコラボ寿司”を大将にお願いしたところ、 快く引き受けてくださいました。

13082080_1010101675733900_2069816707_n

いの瀬 20160428
まずは、旬のお刺身とお寿司をいただきました。
毎朝築地から仕入れをしているネタは、相変わらず素晴らしい味です。

13115399_1010101602400574_1503497276_n

13101409_981008052013687_982787108_n

そしてメイン。
それは…?! 喜才の溶岩石プレートで作ったローストビーフで握るお寿司です!

13081641_1010101369067264_1188863119_n
生姜とワサビでいただきました。
ワサビとローストビーフ、本当に相性がいいのですよね。
生姜は風味がちょっと効きすぎて、お肉が負けてしまう感じでした。
お寿司屋さんにあるもので、玉ねぎソースのような甘味のタレになるものを考えてみました。
あっ!? 甘めのものといったら、かんぴょうかな…と呟いたら 大将も早速同意してくださって、即座になにやら作り始めました。
出来たのが、かんぴょうを細かく刻み、ワサビを少し効かして、仕上げに塩をひとつまみ。

13115324_1010101345733933_413571154_n
これはうまい!!! お肉の旨味が引き立ちます。 大将、流石です!!! ちょっとこの味は病みつきになりそうです。
また次回、うっかりローストビーフを焼いて行ってしまうかもしれません。

 

「寿司料理 いの瀬」