2017年 9月 の投稿一覧

54.長崎番外編

石工としては見逃せないのが石で出来た造形物の数々です。
せっかく長崎に行ったからには見逃せない場所ばかりですが、
今回は時間の関係上、自分なりに的を絞ってみました。
グラバー園に向かう途中の大浦天主堂。

21641508_1431329036981584_1302533239_n
出島
21698019_1431331640314657_1715046412_n
21697840_1431331750314646_2071262110_n
21698048_1431331706981317_1259613165_n
眼鏡橋
21848926_1431331816981306_999088531_n
21641534_1431331823647972_2070159520_n
見ると幸せになるハート石

21697844_1431331836981304_1922100218_n
21767792_1431331883647966_1713978062_n
21763849_1431331910314630_1256270208_n
どれも先人達の職人さんが作ったもの。
目で見て、手で触り、石の声に耳を傾けてみて、
自分ならどのように積み上げるのかなと、
思わず心が躍ってしまう場所ばかり。
長崎は、お腹だけでなく、心も満たされる素敵な場所でした。
 

53.あゝ長崎は〜今日も雨だった!

人生初の長崎!
坂が多いと聞いていましたが、ちょっと歩いただけではあまり
感じませんでした。
それよりも路面電車の数が多くてとても便利なことのほうが印象的です!
長崎と言ったら…まっ先に、長崎チャンポンが思い浮かびます。

21624361_1431314933649661_343911808_n
食欲旺盛な私の場合は…かもしれないのですが(笑)。
そんな食欲を満たすために、念願の四海樓に行って来ました。21767780_1431314873649667_6143057_n

四海樓の建物は、やや威圧感を感じてしまうような豪華な建物で、

中には展示広場までもあります。
こちらがチャンポンです。
21691210_1431314910316330_54083965_n麺は太麺で、すするやいなや、旨味が凝縮した濃厚スープ、

が口の中にすーっと一緒に流れ込んできて、
それはもう言葉を失ってしまうほど…とにかく絶品です。

次に食べたものは、ご当地グルメとして有名なトルコライス!
お店は、思案橋にある喫茶店の「ツル茶ん」に行って来ました。

21697978_1431314983649656_772552653_n
 このお店は、歴史が古く創業大正14年、九州最古の喫茶店です。
21848910_1431314963649658_1397702741_n

21641557_1431315026982985_1416388987_n


トルコライスは、一皿で多種なおかずを味わえる
ところが、非常に特徴的です。

21641616_1431314996982988_1470568793_n
王道は、ピラフにスパゲティナポリタンにカレーのかかったカツです。
どれもが懐かしく、手抜きのない本格派の味わい。
デザートには、「食べるミルクセーキ」をいただきました。
21769897_1431315006982987_2145914991_n暑い夏にはピッタリです! 長崎を味わい尽くすには、
もっと時間が欲しかったです!

喜才は2周年を迎えました!

おかげさまで喜才は「2周年」を迎えることができました。

2年前に産声を上げた喜才も、みなさまのご支援のおかげで
無事に2周年を迎えることができました。
心より御礼申し上げます。
ありがとうございました。

この2年の間に、色々なことがありました。
時には、手入れが楽にならないか?というお客様の声に応えるべく
新たな洗浄セットを用意したり、リクエストに沿うサイズや オーダー品を提供させていただいたりもいたしました。

set
rakumini
今後も、
「どうしたらもっと美味しく焼けるか」
「どうすればプレートの良さを最大限に引き出せるか
「美味しいと喜んでいただくにはどうしたらいいか?」に 想いを馳せながら、皆様に喜んでいただける商品を提供できるよう
日々精進したいと思っております。
どうぞ今後とも喜才をよろしくお願い申し上げます。

喜才代表 金石真二