皆様へ大切なお知らせです。

大変ご無沙汰をしております。
喜才の金石でございます。

突然のお知らせですが、4年近く続けさせて頂いた、
喜才の溶岩部門を、11月いっぱいで、
一旦Closeさせていただくことになりました。

度重なる震災や天災で、あちこちの文化財がダメージを受けている一方で、
その業務ができる石工が不足していることもあり、
昨年から15年ぶりに、石垣の修復等の業務のお手伝いをしておりました。
それから約1年経過したところで、時間的にも身体的にも、
両方の業務を両立させることが、非常に難しくなってきていることを
無視できない状況になりました。
この1年、大いに悩みましたが、日本の大切な文化財を守るためにも
本腰を入れて、石工としての業務に従事していこうと決意するに至りました。

仕事のスタイルは変わるかもしれませんが、
今までも、そしてこれからも、喜才の仕事は、

「自分の才能を活かして、お客様に喜んでもらう」

ことが信念であり、自分の使命でもあると考えております。

今後、どこかの修復現場で、皆様とお会いすることがあるかもしれません。
その際に、よい仕事ぶりをお見せすることができるよう、
全身全霊で頑張っていく所存です。
引き続き応援いただければ幸いです。

これまでのご支援、ご愛顧に、心から感謝申し上げます。
溶岩プレートを、引き続き可愛がっていただけると嬉しいです。
本当にありがとうございました。

11月吉日 喜才代表 金石真二

 

46441109_2001742216585486_3361238231868768256_n