溶岩石プレートの使い方(5) 加熱温度

和(なごみ)カセットコンロ_DSC0139

Q.  溶岩石プレートは、どのぐらい温めればいいのでしょうか。
A.温める温度は、200度前後が適温となります。

低すぎる場合、調理自体は可能ですが、非常に時間が掛かりすます。

また、高すぎる場合には、油が焦げてしまうため、

焦げた油が食材に付着し、 苦味や雑味を感じ、

美味しさが半減してしまいます。

お勧めの方法は、温度を管理できる放射温度計(300度まで測れるもの)

を 購入いただき(ネットにて約10,000円前後にて購入可能)、

温度を管理しながら焼く方法です。

放射温度計があれば、、焼き加減のコントロールも容易になり、

食材を美味しく調理することができます。

放射温度計が手元にない場合には、中火~強火の間の火加減で

15~20分火にかけると、 調理可能な温度になります。

(目安としてコンロのカロリー3,500kcal/h使用時)

 

溶岩石プレートの喜才 トップページはこちら

SNSでもご購読できます。